「SOX21」の遺伝子:育毛・発毛.com

「SOX21」の遺伝子

平成21年5月26日の報道ステーションで薄毛の遺伝子について報道していましたね。詳細は以下の通りです。

 

【奇跡のフサフサ発毛術】

抜け毛の原因にかかわる遺伝子を国立遺伝学研究所(静岡県三島市)と慶応大がマウスの実験にて発見。人も共通の仕組みを持つ可能性が高いとの事。

この遺伝子がつくるたんぱく質「Sox21」は、神経細胞の発生や増殖に関係していることが確認されている。

実験方法としては、生まれつきSox21遺伝子を持たないマウスを作り観察。このマウスは生後まもなく体毛が生えそろうが、生後15日ごろ頭部から脱毛が始まり、1週間で全身の毛が抜けた。その後は、25日周期で脱毛と発毛を繰り返した。

マウスの毛は25日周期で生え変わる。「Sox21」遺伝子を持たないマウスも周期や発毛機能は正常だが、抜けるスピードが異常に速かった。体毛を詳しく調べたところ、毛の表面を覆い、うろこのような形で毛根とつながっているキューティクルがほとんどなかった。

よって、Sox21がキューティクルの材料のケラチンの生成にかかわっており、脱毛マウスはそれを持たないため抜け毛が早まるとの結論。

この結果から、人の毛髪のキューティクルにもSox21遺伝子が発現していることを確認。

「薄毛の人はSox21遺伝子やSox21の働きに問題があると推測できる。詳しい仕組みが分かれば、治療薬開発の糸口になるかもしれない」

 

もし遺伝子が完全に解明されて、薄毛の特効薬になれば画期的ですよね。

今までも、漠然と「薄毛の遺伝」は良く話に聞いていましたがここまではっきりと証明されてくるとホントに薄毛の悩みがなくなるかも?

【New!!】 髪に関するニュースいろいろ

発毛の情報なら
 
Powered by さくらのブログ